間取りは決めておく

あらかじめ、引越し先の間取りを決めておくと、引越したあとが楽になります。

単身引っ越しは、家族引越しに比べて荷物が少ないし、設置、荷ほどきが楽なものですが、決めておくに越したことがありません。

特に、長期出張、転勤で引越しをする場合、引越した翌日にはすぐ仕事に行かなければなりません。仕事に追われていると、引越しの後の整理は後回しにしがちです。

考えなくポンポン置いてある場合、きちんと配置しなおすのも面倒になります。1DK、1LDKの部屋なら家具の移動もそれほど面倒ではありませんが、2部屋以上ある場合は、移動させるのが面倒になります。

引越しの日に適当に置いたはいいが、スペースやコンセントの位置の関係で、移動せざるを得なくなった場合は大変です。

間取りを考える場合は、新居についてあらかじめ確認しておくことが必要です。レイアウト表を作成しておきましょう。どこに何を置くのか決めておけば、引越しの作業員への指示もしやすくなります。

一番気をつけなければならないのは天井の梁の張り出しです。背の高い家具は部屋の壁につけておきたいですが、梁が張り出している場合、つかえておけなくなることがあります。

思わぬ位置まで出っ張っていることがあるので要注意です。コンセントの位置と、テレビの配線位置も確認しておきましょう。

テレビをはじめ家電を設置する場合、ここなら完璧と思った場所に配線やコンセントがないかもしれません。入口の高さが低いと家具を運びいれられない場合があるので、それも確認します。

引っ越す際にはネット検索して不動産屋さんで探すととても便利です。鈴鹿市で探す際には大変便利でした。鈴鹿の賃貸をエリアから探すには


CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0